エクオールサプリメントで更年期障害の悩みから解放されましょう

エクオールサプリメントで更年期障害の悩みから解放されましょう

老化を気にしている方、健康が気になる方は、毎日の食生活を洋風から日本風に切り替え、腸内フローラの環境をエクオールと食物繊維で改善することで、更年期障害の緩和にもなります。

 

腸内フローラの改善は食物繊維を多く摂る

 

腸内には、数百種類の細菌が600兆個ほどもいるといわれます。この細菌群を腸内フローラと言います。細菌の中には、人の健康を維持する上で大切な善玉菌と、健康に悪さをする悪玉菌、それと、力の強いほうに味方する日和見菌の3種類のグループに分かれます。正常な場合は善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割の割合で構成されていますが、このバランスが崩れると悪玉菌が増え、さらに日和見菌が悪玉菌に加勢することで、体調が崩れ、老化の進みが加速されます。腸内フローラのバランスを崩す大きな要因は毎日の食事が大きく影響するといわれています。大雑把に言って、魚介類、野菜類を中心とした和食の食事を続けていると腸内フローラは良好に保てますが、肉類や脂っこい物中心の洋風の食事は、腸内フローラの環境を悪化させてしまうといわれています。ひとたび悪化すると。老化現象が加速され、女性は肌荒れが目立つようになり、健康にも、美容にもさらには、更年期障害にも悪い影響を与えます。エクオールのサプリも話題です。

 

こうしたマイナス面を改善し、若返りを図るには、和風の食事を心がけることが大切だといわれていますが、中でも大きな役割を果たすのが食物繊維です。これをバランスよく摂取することで腸内フローラの環境は大幅に改善されます。では食物繊維にはどんなものがあるかというと植物性のものでは干ぴょう、ラッキョウ、切り干し大根、小豆、大豆、小麦、エンバク、納豆、モロヘイヤ、ゴボウ、シイタケなどが挙げられます。海藻類では、ワカメ、ヒジキ、コンブ、ノリなどが挙げられます。効用としては、脂質異常症の予防、便秘予防、糖尿病予防、動脈硬化の予防、大腸がんの予防、腸内細菌によるビタミンB群の合成、食品中の毒性物質の排除促進などが挙げられます。高齢者は多く摂ることで、働き盛りの青壮年並みに、善玉菌のビフィズス菌が優勢となり、露応神特有の悪玉菌のウェルシュ菌は抑え込まれてしまうことが分かっています。善玉菌が力を増すと腸内の腐敗防止にも大きな役割を果たすので便秘などが解消され、健康維持に大きな役割を果たすのです。更年期にはエクオールサプリを積極的に摂取しましょう

 

食物繊維とエクオール

 

納豆、豆腐などの大豆製品は繊維質が多く、日本の食卓には欠かせないものの一つに挙げられていますが、女性特有の更年期障害の改善に、大豆に含まれるイソフラボンというポリフェノールが大きな役割を果たします。このイソフラボンの中にはダイゼン、クリシテイン、ゲニステインの三種類の要素が含まれていますが、このうちダイゼンだけが腸内の細菌によって代謝され、エクオール(以下エクと書きます)に変化するといいます。これが大豆の効用の大きな特色です。更年期障害に苦しめられている多くの女性が、エク量が少なく、症状が軽い女性はエクが多いといいます。エクの多い人は、骨密度が高く、肌もきれいだといわれます。問題なのは、大豆を食べれば誰でも腸内でエクが作られるかというと、そうとは言い切れない一面があることです。エクは人によって作られる人と作られない人があるのです。エクを作れる人は日本人の場合505〜60%といわれます。50%とした場合は、約半数の人がエクを作れないことになります。それでも全く作られないわけではなく、大豆製品、ゴボウ、玉ねぎなどを多く食べることで若干はエクが作られるといいますから、大豆製品、ゴボウ、玉ねぎをなるべく食べるように心がけることが大切です。自分がエクを作れる体質なのかどうかを知るためには病院などで検査をしてもらう必要がありますが、出来ない場合は自分の健康状態をチェックしながら、かかりつけの医者に相談してもよいでしょう。それでも絶対量を確保することは難しいので、対策としては市販のサプリを活用することも考えられます。サプリを活用するにあたっては素人判断で服用するのではなく、薬局などで薬剤師に相談して指導を受ければよいでしょう。メーカーに問い合わせても親切に対応してくれます。いずれにしろ普段の食事はなるべく肉類、油類の摂取を避け、緑黄色野菜、海藻類を多目に摂るように心がけることが大切です。食事以外でもドーナツ、甘いシリアル、チップス、フライポテト、ファーストフードのバーガー、マーガリンなどはなるべく避けるように心がけましょう